大阪物語

關於部落格
  • 248766

    累積人氣

  • 10

    今日人氣

    0

    訂閱人氣

“NHK受信料”不繳可以嗎?

我就是非常不能認同這點
為什麼NHK不能改成和CATV一樣『你付費,我放送』
不想看的人可以不簽契約,也就不用付費,也無法收看
想看的人儘管去簽契約,當然就得付費


當初設立放送法是在昭和25年
當時的社會環境與現今早已不能同日而曰
現在網路電視如此普遍,連行動電話都可收看電視
誰說家裡一定要有電視機才能看電視節目?
透過電腦網路或手機也是可以看電視節目(NHK),這些人是否也必須繳費?
反之,持有電視機的人也未必一定收看NHK節目
現在有線電視台多到爆,民眾通常選擇很多,時間很少
有多少人在收看NHK?

再者,NHK歷年來的不祥事(醜聞)
早已違背當初設立放送法的初衷及目的

如:節目製作內容造假、與事實不符,接受商業資金贊助,製作費不正支出,盜用他人作品,內幕交易..........等
尤其自2004年
NHK 紅白歌合戰製作費的不正支出被發覺後,各種問題加上不祥事屢屢發生,NHK遭受激烈的批評,許多人開始拒繳受信料。
(參照NHKの不祥事維基百科)
2004年NHK紅白歌合戦の担当プロデューサーによる制作費の不正支出が発覚したことがきっかけとなり、さまざまな 問題や不祥事が明るみに出た。NHKは激しい批判にさらされ、受信料の不払いが続発した。

註:放送法目的
第一條~この法律は、次に掲げる原則に従つて、放送を公共の福祉に適合するように規律し、その健全な発達を図ることを目的とする。
1.放送が国民に最大限に普及されて、その効用をもたらすことを保障すること。
2.放送の不偏不党、真実及び自律を保障することによつて、放送による表現の自由を確保すること。
3.放送に携わる者の職責を明らかにすることによつて、放送が健全な民主主義の発達に資するようにすること。(參照放送法)
 (中譯)
放送法目的
第一條~此法律為遵守下列事項為原則,以符合公共福利放送為紀律,以求健全發展為目的。
1.向國民以最大限度提供放送,使其普及化並保障其效用
2.確保言論自由,保證真理和自主權及不偏不黨之放送
3.為了表明放送參與者的職責所在,放送需有助於健全民主主義之發展



NHK前職員立花孝志舉發NHK內部~~
*費用公報私用
*盜領
*帳目作假
*人事費用是他台的3倍
*一個人的工作量讓三個人來做
*10年前高中畢業
社員“年收”1000萬円一些有的沒的津貼亂加一通。
(推算現在年收約有1600萬円。)

 用民眾繳納的受信料來支付NHK社員的高薪
還要被迫性地支持一個不清廉的團體,這樣對嗎?


2009年平成21年)の調査によると、受信契約率は79%、事業所に限ると契約率は70%である
元NHK職員で内部告発を行った
立花孝志は、契約率は約5割で、大阪では25%であると述べている。
2004年の不祥事発覚のときに、海老沢勝二会長は受信料の支払率は80.1%と述べたが、それまでNHKは、99%以上だと主張していた。
また立花は、
総務委員会国会議員に、『NHK紅白歌合戦』やプロ野球の巨人戦や大相撲升席のチケットなどを渡して、受信料の支払率の問題に絶対に触れさせないようにしていた、と述べている

立花孝志說:「NHK契約率只有五成,而大阪只有25%」
(大阪人果然比較獨斷獨行?)

我很好奇地問周遭的大阪人,裡面有同事,有來購物的客人
問他們是否有繳納NHK受信料
哈  隨便問了
10個人,不繳費的居然有8位@@
2位繳費的其中1位還說,因為收費員糾纏很煩才繳的費
才問了10位,當然無法依此數據下結論
不過,還是讓我大吃一驚


如果受信契約率真如NHK所言有79%,繳費率99%
那NHK有甚麼好擔憂的?

又為何不敢面對現實,不重訂制度迎合新社會?
拿甚麼
以公共福祉,讓全國民眾不分區域皆可收看」
「不被特定的利益左右收視率,以觀眾的視點作出多樣優良節目」

當成不能編碼化的理由
現在、受信料不払いや受信契約の解消等の問題がある一方で、
受信料 を払わずともNHKが視聴出来てしまうことや、
NHKを視聴していないにもかかわらず受信料が課金される等の不公平感を無くす為、
受信料 を支払っている契約者以外は視聴できなくする
スクランブル方式を導入しようとする討論もなされている。
デジタル放送においては
スクランブル化は技術的に困難ではないが、
「全国どこでも放送を分けへだてなく視聴できる ようにする」という公共放送の理 念と矛盾する
「特定の利益や視聴率に左右されず、視聴者の視点にたって、多様で良質な番組を放送するべき」との 理由により、
NHKとしては
スクランブル化は避けるべきであるという見解を出している。(NHK受信料維基百科)

若節目做得好,還怕沒人簽約嗎?
只怕這些契約者當中,有些是
因為被NHK收費員恐嚇將告上法庭,大家為避免麻煩才迫不得已簽下契約
有更多的是,不滿NHK製作的影片,擅自播放、強制收費....等等不合理情況,而不願繳納受信料的人。
NHK不願考量現況,只會聘請討債公司收費公司來向民眾強硬索求受信料,早已引起了民怨!

(參照NHK受信料~罰則について)
契約締結した受信者による契約不履行(受信料未納)に対しては、2006年平成18 年)以降NHKは民事手続きによる支払督促を行っている
48人中46人は受信料を払い、残りの2人は
最高裁まで争ったが、2011年5 月にNHK勝訴の判決が出た。
NHKは最高裁で敗訴した視聴者に振込先を通知したが、
強制執行はまだしていないという

(中譯)
2006以後NHK開始對於簽訂契約,但未繳費的用戶提出民事告訴
48人當中有46人繳交,其中2人上訴最高法院,2011年五月法院判決NHK勝訴。
NHK寄給敗訴的視聽用戶匯款通知,但尚未"強制執行"。


對於未繳費者,NHK只能提出民事訴訟
NHK是一個公共放送團體,非國家機構,無法提出強制執行。


另外,放送法第64條第1項提到~
放送法第64条第1項では、所定の条件を満たした者にNHKとの受信契約を義務付けている。しかしながら、条件を満たしているにもかかわらず受信契約を締結しない者に対する罰則は規定されていない。

只要達到所訂條件者就有與NHK簽訂契約之義務。
但對於
達到所訂條件卻未簽訂契約者,卻無罰則規定。

如果不和NHK簽約,是沒有罰則的。
似乎也有不少人因此和NHK解約。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

話說,十幾年來NHK收費員總共來過我家三次
每次我都說:「わかりません!」
(我不知道)一句話
根本沒必要和收費員多說或解釋什麼
收費員也沒權力盤問為何不繳費,只能離開。

繳不繳費,合不合理,每人有各自的觀點和立場
我要的只是“使用者付費”這個真理!




相簿設定
標籤設定
相簿狀態